×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


メニュー

空腹感とガム

スポンサーリンク

空腹感は、血液中の血糖値が下がることによって発生することはご存じの通りです。しかし何か口にすることでとりあえず空腹感が治まることがあります。例えばダイエット用のガムがありますが、これはガムを噛むことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことを目的としたものです。

何かを噛むことが心配とストレスを減少させ、満足とリラクゼーションを増加させる効果があると最近の研究で出ています。これは血糖値とは別の話で、これによって気分を向上させ、空腹感を紛らわせるようです。もっとも、ガムによってはそれ自体にカロリーが含まれているものもあり、ダイエットには向いていないかもしれません。ダイエット用の、ノンカロリーガムなどを噛みましょう。

カロリーの少ないガムを噛んだからといって血糖値が上がるわけではないのですが、口を動かす、顎をかみ合わせることで、心理的には何かを咀嚼しているのと同じ効果があるため、擬似的に食物を摂ったことになるそうです。もともと空腹感は、実際に身体の栄養が足りなくなったというよりは、予備エネルギーの補給要求のようなものですから、栄養補給の手順を実行するだけでも効果があるのかもしれません。

ガム噛みのより効果的な方法として、とにかく長時間噛むのが良いそうです。また食事の30分くらい前に噛むと、空腹感が減って食べ過ぎの防止になります。ダイエットには関係ありませんが、ガムを噛むときは左右の歯を均等に使うべきです。片方ばかり使っていると、顔が歪む原因になります。

ガムを噛むときは、1個ずつより3個位を一度に食べるのも良いようです。1個ずつの場合は、ガムを噛むのに口を小さく動かすだけですが、3個一度に噛むと頬や口全体が大きく動き、運動になります。ただし、あまり噛みすぎると顎が痛くなるのでほどほどが良いとのことです。

尚、カロリーレスガムを噛みすぎると下痢を起こす可能性があります。自分に合った噛み方を見つけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トルコリラとは